流用化設計を始めたいけれど

収益改善の最後の砦といわれている流用化標準化設計を始めたいが、どのように進めてよいかわからない。設計部門の足並みがそろわない。

流用化設計を始めたいけれど

総論賛成、各論反対が多い課題でもあり、まずはトップの強い想い(トップダウン)と設計者のニーズ(ボトムアップ)の双方が必須です。

大手でも依然課題となっているこの課題。中小、小規模だからできる(実施しやすい→設計部門の意思統一がしやすい)面もあります。トップに強い想いがあるのであれば、ぜひご相談ください。

カクタルお勧めの支援サービス

流用化標準化設計コンサルティング

なかなかこの分野で実績があるコンサルタントは存在しませんが、カクタルでは中堅、中小製造業を中心に、コンサルティング実績を積み重ねてきたコンサルタントをご紹介いたします。設計責任者、製造責任者、そして経営責任者を歴任したきたからこそできる、理想論で終わらない、地に足の着いたコンサルティングは業界稀有な存在です。設計者の視点、設計部長の視点、そして経営者の視点を兼ね合わせたコンサルティングによりモチベーションプランニング(やる気の創生と維持)とDXの基本となるBOM構築を軸足に、流用化標準設計を進捗させます。

他にこんな
お困りごとはありませんか?

お問い合わせ
INQUIRY

「繁忙期と閑散期の差が激しく、経営を安定させたい」「IT化やIoTの導入を検討したいけど難しそう」そんな悩みはございませんか?

株式会社カクタルは、小規模製造業の抱える課題解決に向けて様々なご提案が可能です。
まずはお気軽にご相談ください。